雪室の状況

平成22年完成の雪冷房住宅の残雪状況です。
こちらは高床式住宅の中に雪室を施工した住宅です。
平成25年7月19日現在の残雪量を見てきました。
今年は黄砂が降る前の3月上旬に雪入れ作業を行い、保存していました。
すでに雪冷房を使用しているそうですが、畳16畳分の雪室内に残雪は1m50㎝くらいありました。
null
null
雪室隣の貯蔵庫には畑で採れた野菜や自家製の果実酒、ビール、ジュースが冷やされてありました。
貯蔵庫の温度は10度くらい、湿度は35%ほどでした。
null
見た時は雪冷房のファンをまわしていなかったので湿度が低かったのですが、冷房使用時はあいつ内の暖かい空気が雪室内に入ってくるので70%から80%くらいまであがります。
よく、雪中貯蔵では温度、湿度によって野菜は甘くなり、お米はうまさが長持ちすると云われていますが、まさに野菜やお米などの貯蔵には適した温度、湿度となります。
雪を入れるドアにはプランターをおいて朝顔のグリーンカーテンを設置して日除け対策をしていました。
null
グリーンカーテンで断熱ドアへの直射日光を和らげます。

第13回NIKS 経営賞のエントリー募集です。

NIKSとは「協同組合新潟県異業種交流センター」という組織で、高速道路のETCカードの取り扱い事業を行い、県内の様々な企業2千社が加盟している組合です。
他にも会員専用の日報管理システム、共同購入事業、講習会やセミナーなど行っています。
そのNIKSの組合員で企業メセナ、商品開発、新市場開発、ベンチャー企業の育成等特化した企業のアイデアや取り組みを発表して頂き、組合員の事業の振興と発展を目的した事業です。
まだ加盟していない方でも、応募したい企業様は今から加盟されれば応募できます!
是非、ご参加下さい。 
null