太陽光発電の補助金復活!

経済産業省は2009年度予算で家庭用の太陽光発電の普及を支援する補助金を4年ぶりに復活させる概算請求しました。 二酸化炭素の排出量を抑制する「低炭素社会」の実現に向けて「エネルギー需要構造改革」と題して新エネルギーに力を入れていくそうです。
20080828-taiyoukouhatuden2.jpg
さらに新築、既存住宅の改修で省エネ住宅へのローン減税等も拡充していくそうです。
以下に経済産業省のHPより抜粋します。
○住宅用の太陽光発電の導入支援エネ特238億円(新規)
○民間事業者や地方自治体等による新エネルギー等の導入支援
エネ特400億円(378億円)
○革新的な新エネルギー技術開発の促進エネ特266億円(222億円)
○燃料電池の技術開発・導入支援エネ特304億円(184億円)
○次世代自動車の導入促進エネ特49億円(19億円)
□省エネ住宅への住宅ローン減税の拡充
20080828-taiyoukou hosakatei.jpg
実際に雪国の魚沼市内で太陽光発電パネルを載せた住宅を建てさせていただきましたが、太陽光発電でまず自宅の電気をまかない、余った電気は電力会社に売れるので、経済的ですし、節約するようになるそうです。
エコ住宅ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>