雪国魚沼での太陽光発電

雪国では不向きといわれている太陽光発電ですが、冬場でも発電しております。
太陽光パネルに雪が積もってない状態で廻りに雪があって太陽が出ていると雪の乱反射で効率よく発電します。 
しかも、外気が低いのでコンデンサーまでの配線で無駄な放電をしないのでさらに効率よいのです。
20100121-CIMG6159.JPG
↑ 1月19日火曜日 久々の晴れの日の様子
20100121-CIMG6161.JPG
↑ 1月20日水曜日 朝8時頃の様子。屋根と太陽光パネルの上にうっすらと霜がおりてますが、この状態でも発電してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>